「交通死亡事故多発警報」発令




   
  大阪府内における交通事故死者数は、

  2月4日現在20人(前年比6人増)

  1月26日から2月4日までの10日間で9人

 となり、交通死亡事故が多発するという極めて危機的状況となっています。

 このようなことから、大阪府交通対策協議会(会長:大阪府知事)では、多発する交通死亡事故の発生に

歯止めをかけるため、「交通死亡事故多発警報」を発令しました。

(一財)大阪府交通安全協会では、関係機関・団体等と緊密な連携を図り、交通死亡事故を抑止のため、

広報啓発活動を推進して参ります。


発令期間

平成30年2月5日(月曜日)から2月14日(水曜日)までの10日間


推進重点

1. 自動車運転者に対する前照灯の早期点灯及びハイビームの有効活用

2. 歩行者、自転車乗車中の高齢者に対する声かけによる保護誘導活動や交通ルール遵守等の

  安全指導の強化

3. 二輪運転者に対する速度抑制等による安全運転や凍結道路における走行時の注意喚起


大阪府交通対策協議会のHP